保険証に関して知る

保険会社と保険証について

保険証を簡略化する保険会社

生命保険などを利用する家庭はとても多いといわれています。これまでの従来通りの手続きをすると、保険証が会社から発行され、それを付保していることの証明として保管しておく方法がとられてきました。しかし、最近ではこの保険証をデジタル化したりして、書面での発行を簡略化する業者が増えてきています。保険金の請求をする際でも、特に書面が必要となるわけではなく、証券番号などを所定の請求書に記載すればそれで事足りるため、書面で保管しておく必要性がなくなってきたことが背景にあります。今後もこの傾向は続くと予想されています。

提示して負担を軽減しよう

病気やけがに見舞われたときには、病院にかかることになるでしょう。しかしながら、病院で診察をしてもらったり、治療をしてもらったり、薬をもらうことになると、かなり高額の費用がかかることになります。日本においては、その費用の自己負担額を軽減するためにも健康保険の制度があります。毎月掛け金がかかるのですが、一般的に医療機関にかかったときに保険証を提示することで、3割負担になるような仕組みになっているのです。これは年齢などによっても若干違いがある場合もあるのですが、この保険の制度があることでいざというときに安心して病院に行くことができるのです。

新着情報

↑PAGE TOP